コーナーがモッサリしててなんか遅い…(-.-;)

VZシャーシ
※アフィリエイト広告を利用しています。

ども、サバ缶です!

先日、完成した立体チューンモーター用マシンを走らせてきました。(VZ)立体チューンマシン・アバンテmk2

、、、

ビックリするぐらいコーナーで減速する…

トルクチューンとはいえ明らかにモッサリと旋回している(-.-;)

思い当たる節があるので試してみたいと思います。

タイヤをハーフにする

ローラーの幅とかいろいろあると思いますが、

ボクが最初に怪しいと思ったのがフロントタイヤです。

ミニ四駆はステアリング機構がないのでコーナーをドリフトするように曲がっていきます。

ローラーを壁にそわして無理やり曲がっている感じですかね。

なので、タイヤはあまりグリップしない方がいいらしいのですが、

「手持ちで最後のマルーン大径がもったいない…」との理由からフロントを面タイヤにしていました。(意味不明ですw)

このフロントタイヤをハーフにします。(リヤはハーフ)

これでコーナーの旋回が少しは良くなるかなと期待をこめて、

ワークマシンで削りました。

だいたい4mmぐらいです。

試走してきた

フロントタイヤを面からハーフに変更して走らせてきました。

コジマのコースが新しいレイアウトになっていたので少し分かりづらいですが、前より明らかにコーナーが速くなっています!

これでコーナーで置き去りにされることも少なくなるでしょう( ̄∀ ̄)タブン…

まとめ

ダッシュ系のモーターだとパワーで押し切れそうな事も、

チューン系モーターは非力な分、グリップの強さや各部の性能(重量など)が如実に走りに出てくるなと感じました。(チューン系の面白いとこですね)

今回のマシン紹介→(VZ)立体チューンマシン・アバンテmk2

おわり

スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!


    VZシャーシ改造
    スポンサーリンク
    サバ缶をフォローする

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました