ミニ四駆・ポータブルピットを塗装する

人気記事
※アフィリエイト広告を利用しています。

ども、サバ缶です!

ポータブルピットの限定ピンクを買いに行ったら売り切れていたので普通のグレーを買うことにしました。

ポータブルピットの限定色は次いつ出るか分からないので自分の好きな色を塗っちゃおうと思います。

だいぶ失敗もしたので、僕と同じ失敗をしないように参考になればと思います。

準備するもの

  • マスキングテープ
  • 紙ヤスリ1000〜1200
  • サフェーサー&プライマー
  • 缶スプレー
  • マイナスドライバー

マスキングテープは3M社のものがコスパ・性能的にもオススメです!

created by Rinker
スリーエム(3M)
¥445 (2024/06/21 15:07:20時点 Amazon調べ-詳細)

今回は塗料の密着性がよくなるというプライマーを使ってみました。

初めて使うので塗料密着性アップがどれ程の効果があるか楽しみです♪

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥1,180 (2024/06/21 15:07:20時点 Amazon調べ-詳細)

色はキャメルイエローで塗装しましたPSからはじまるものはポリカ専用です。

品番がTSではじまるものを選んで下さい

2缶あれば余裕を持って塗装できます。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥576 (2024/06/21 15:07:21時点 Amazon調べ-詳細)

塗装の下準備

透明のフタ部分は塗らないので外します。

外さないでもいいですが、外した方が塗装しやすいです。

マイナスドライバーをツメに押し当てると外れます。

ストッパーも塗りたいので外します。

(後日談ですが動く所は塗装が剥がれやすかったり、動きが渋くなるので、塗らない方がいいかもです…)

1000番ぐらいの紙ヤスリで軽く表面をやすりがけします。

ツルツルのまま塗装するとすぐパリパリと剥がれてくるので、紙ヤスリで塗装する部分を荒らしていきます。

(ツルツルな表面に傷をつけることで塗料が付着しやすくなります)

マスキングテープを貼る

下地処理が終わったら食器用洗剤で洗います。

乾いたら、マスキングテープで塗りたくない部分をマスキングします。

Rの部分はカッターで添うように切ると綺麗に切れます。

カッターの刃は新品を使うと作業しやすいです。

マスキングが終わりました。

新聞紙で見えないですが透明フタのツメ部分もマスキングしています。

これで塗装の準備が完了!

スーパーサフェイサーを塗る

最初にサフェイサー(サフ)を塗ります。

タミヤのサフとプライマーが一緒になっているスーパーサフェイサーを使いました。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥1,180 (2024/06/21 15:07:20時点 Amazon調べ-詳細)

塗ってみて分かったんですが、少しコツがいります。

缶スプレーのようにある程度離してゆっくりサーーーっと塗装すると途中で乾くのかザラザラの感触になるので、

近めに15cmぐらい離してシャッ!シャッ!と早めに手を動かして塗ると綺麗に塗装できました。

乾いたら2回目を塗ります。

2回目が完璧に乾いたら手で触ってみてザラザラしている箇所があると思うので

1200番ぐらいのペーパーを軽くあててツルツルにします。

ザラザラの質感は色を塗っても出てきますのでプライマーが落ちない程度に入念に行います。僕はそのまま色を塗って最初からやり直しました

終わったら水をかたくしぼったタオルで粉を拭いて

よく乾かします。

スプレー缶で塗装する

ボウルや桶に30度ぐらいのぬるま湯を用意して缶スプレーを入れて少し温めます。

こうする事でダマが出にくくなります。

あまり熱いお湯につけると爆発の恐れがあるので自己責任で気をつけて作業して下さい。

準備ができたら缶スプレーをよく振り色を塗っていきます。

30cm程離して薄く重ね塗りします。

1回で多く塗ってしまうと塗料が垂れたり、バラつきがある表面になるので少しづつ塗り重ねるように色を塗ります。

1回目を塗り終えたところです。

20〜30分乾かしたら2回目を塗っていきます。

僕は4回塗りました。

あとは完全に乾いてから外していたパーツを元に戻して

世界に一つだけの自分だけのポータブルピットの完成です!

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました