低頭ビスを作る〜ミニ四駆〜

改造
※アフィリエイト広告を利用しています。

ども、サバ缶です!

前回作ったリヤアンカーの引っかかり防止ステーがローラー下までカバー出来ないので低頭ビスを採用することにしました。(切れ端で作る)セイchan式アンカーの引っかかり防止ステーを作る

こんなやつ↓

リューターがあれば簡単に作れます。

それでは作っていきましょう!

加工していく!

使うビスはキャップスクリュー。

僕のマシンはリヤ30mmを使ってます。

キャップスクリューの用意ができたらリューターで頭を平らに削るだけです。

ペンチでガッチリ掴んでください。

そのまま掴んでますが…(^^;)ワスレテタ

布を間に挟むとビスが傷つきません。

リューターで削っていきます。

摩擦熱でかなり熱くなるので気をつけて下さい。

こんな感じになりました↓

ヤスリで断面を整えます。

ついでに角も少し丸くしました。

あまり鋭いと触ったとき痛いですからね(^^;)

ローラーを取り付けるとこんな感じ↓

セイchan式アンカーに取り付けるとこんな感じ↓

頭が無いのにどうやって取り付けているのか?

疑問に思いますよね(^^;)

低頭ビスの取り付け方法を解説します。

「指力(ゆびちから)」です。

指で低頭ビスの頭を頑張って押さえてナットを締めていますw

僕も最初は不安でしたが、案外しっかり締まるもんです(^^;)

1レースぐらいでは緩んだりグラつきも無かったのでOKかな…。

今回使ったダイヤモンドカッターはアストロプロダクツさんのものを使用しました。

Amazonにリンクが無いので似たようなダイヤモンドカッターを貼っておきます。

おわり

スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!


    改造
    スポンサーリンク
    サバ缶をフォローする

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました