(リューターと綿棒だけ)簡単にアルミローラーを磨く方法。

小ネタ
※アフィリエイト広告を利用しています。

ども、サバ缶です!

長年の汚れや手の脂でくすんでいるミニ四駆のアルミローラーを簡単にピカピカにする方法です。

用意するもの

  • ピカール
  • リューター
  • 綿棒

リューターはミニ四駆をしているなら持っていると思います。

持っていない場合はミニ四駆ではよく使うのでこの機会にぜひ!→「ミニ四駆に必須!!!」オススメのホビーリューター(アルゴファイル・アルティマAT)

ピカールは金属磨き用のコンパウンドです。(別のコンパウンドでもいけると思います)

created by Rinker
日本磨料工業
¥404 (2024/06/21 11:15:38時点 Amazon調べ-詳細)

準備

ベアリングを外す

ローラーのベアリングを外します。

外さなくても大丈夫ですが、ピカールがベアリングの中に入る可能性があるので出来れば外したほうがいいです。

カウンターギヤを使って外すこともできますが、ベアリングチェンジャーのほうが水平に取り付けもしやすいと思います。(専用工具なし)ズボラおじさんのベアリングローラーの内圧抜き&ベアリング交換

(ベアリングがちゃんと入っていないとローラーがブレブレになります)

綿棒

綿棒をハサミで半分にカット。

準備完了!!

磨く

準備できた綿棒をリューターにセットして、ピカールを少量付けて磨きます。

※最初に勢いよく回転させるとピカールが飛び散るので注意。

↑綿棒が黒くなったら新しいのと交換してください。

磨き終わって汚れたピカールを布で拭きとれば完了です!

before→after

おわり

コメントはこちら↓


    スポンサーリンク
    ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!


      小ネタ自作の治具
      スポンサーリンク
      サバ缶をフォローする

      コメント

      タイトルとURLをコピーしました