(ミニ四駆)830ベアリングをモーターピンに取り付ける方法

改造
※アフィリエイト広告を利用しています。

ども、サバ缶です!

カツフラなどの井桁マシンでよく見かける、リヤの小さいローラー「830ベアリング」の取り付け方をご紹介します。

こんな感じ↓

下の画像は接着剤を使ったピン打ちです「ゆとりピン打ちのやり方」ローラーのビスの代わりにモーターピンを使う。

ピニオンギヤを使う方法とモーターの中にある白いヤツを使う方法があります。

ピニオンギヤは加工しないといけませんが、取り付けは楽です。

モーターピンに付いてくる白いやつは加工なしでも付けれますが、圧入するのがめんどくさいです。

精度的にもピニオンギヤをオススメします!

モーターのバラし方と取れるパーツはこちらを参考にしてください(ミニ四駆)ペンチを使って2ステップで簡単にモーターをバラす方法。

大きいペンチ・プライヤーがない場合「出先でもできる」モーターのバラし方(モーターピン・お宝・絶縁ワッシャー)

準備するもの

  • ハンマー
  • 薄刃ニッパー
  • 白いヤツorピニオンギヤ
  • 830ベアリング

ピニオンギヤの場合は

加工するので別で準備してください↓

  • ルーターorワークマシン
  • ヤスリ
created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥686 (2024/06/21 23:42:56時点 Amazon調べ-詳細)

白いヤツ編

加工

モーターから取り外した

白いヤツを

写真のように薄刃ニッパーでカットします_φ(・_・

カット後はこんな感じ↓

830ベアリングに取り付ける

指で押し込んで

先っちょが入ったらハンマーで優しくコンコンして圧入します。

入りづらいので辛抱強く頑張ります。

指で全然入らない場合は、ビスに少しさして、ビスごとハンマーでトントンすれば入ります。

ビスを抜くのが大変なのであまりオススメしません)

簡単に差し込めますが、ビスを抜くのが大変です(-.-;)

ピニオンギヤ編

加工

ギヤの歯を全部ニッパーで切り取ります。

モーターピンに差し込んでルーターで削っていきます。

(削りながら830に差し込んでみてちょっとキツいかなぐらいまで削ります)

最後に段差からカットして完成!

830ベアリングに取り付ける

先ほどカットしたピニオンギヤをベアリングに入れて、先っちょを指で押し込みます。

入りづらい場合はハンマーで優しくコンコンします。

指でグニュっと入るぐらいでも、モーターピンにしっかり固定できます。

モーターピン・ビスに取り付ける

モーターピン

最初は少しキツいと思いますが、そのまま「ぐにゅっ」って感じで差し込みます。

※接着剤などは使いません

簡単に抜けないことを確認して完成。

今まで、このやり方で走行中に外れた事はないです。

(ゆるゆるになる前に交換するなどのメンテナンスは必要です)

ゆとりピン打ちのやり方「ゆとりピン打ちのやり方」ローラーのビスの代わりにモーターピンを使う。

830ベアリングはこちら↓

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥686 (2024/06/21 23:42:56時点 Amazon調べ-詳細)

おわり

スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!


    改造
    スポンサーリンク
    サバ缶をフォローする

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました