ホイール貫通・選別に疲れた僕が出会った神治具「P!MODEL LABO・シャフトブレード」

工具・治具
※アフィリエイト広告を利用しています。

ども、サバ缶です!

ミニ四駆の「ホイール貫通・選別」

足まわりが大事だとはわかっていても、精度のいいシャフトでまっすぐ打ち込まないといけなかったりして、結構めんどくさいですよね(-.-;)

新品なのにブレがあるだけで捨てるのも心と財布にかなりダメージがあるし…

頑張ってシャフトを選別しても、ハンマーでコンコンしているうちに曲がるのか、元から少し曲がっているのか、垂直に挿してもホイールがブレる!

(僕のウデの問題が大半ですが)

とにかくめんどくさい!!!

そこで、

ホイール貫通の精度をだしやすくする治具を買ってみました。

それが

Pモデルラボさんのシャフトブレードです。

(強化ホイール用・PPホイール用があります)

P!MODEL LABOさんは

ミニ四駆の治具などを製作しているショップです。

Pモデルラボさんのサイト→https://pmodel-labo.stores.jp

使ってみた

まずはいつも通りなるべく垂直になるように1.7~1.8mmのドリルでホイールを貫通。

いらないカウンターギヤを間に入れてなるべく垂直になるようにシャフトブレードを六角穴に入れてハンマーで少しづつコンコンします。

貫通後の削りカスを取ればキレイな六角穴ができていました。

あとは選別したシャフトを入れて完成!

回してみた

いつもは貫通した後に、選別したシャフトを何回か抜き差しして一番ブレが少ないところを探すんですが、今回はそんなにしなくてもブレが少なかったです。

↓タイヤの精度ちょっと微妙で観づらいですけど…。

(ホイールだけの撮り忘れました泣)

2022年4月26日

使ってみた感想

4つともブレも少なく4本全部使えました!!!

今のところ強化ホイールが手元に1セットしかないので参考になるか分かりませんが(-.-;)

(タミヤさん強化ホイールもっと再販して〜泣)

シャフトブレードを使った感想を一言で言うと

「まっすぐな安心感」です。

シャフトよりも頑丈でエッジがあるので

せっかく選別したシャフトが曲がったらどうしよう」

という不安がないので安心して貫通作業ができます!

垂直に打ち込むことができれば、よっぽどじゃない限り垂直な六角穴がキレイにできると思います( ̄▽ ̄)

今までホイール貫通作業でブレていたホイールが少なくなるという事は、お財布にもホイール選別に使っていた時間にも地球にも(プラゴミが減る)優しい素晴らしい商品です!

嫁ブレーキがかからない程度にPPホイール用も注文しよっとw

ご注文はこちらから↓

Just a moment...

おわり

スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!


    工具・治具
    スポンサーリンク
    サバ缶をフォローする

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました