(100円で作る)オリジナルのキムワイプBOXを作る

自作の治具
※アフィリエイト広告を利用しています。

ども、サバ缶です!

今日キムワイプを持ってセリア(100均)をウロウロしていたら、こんなスゴいものを見つけてしまいました。

( ´Д`)the不審者

「モバイルバッテリー&ケーブルケース」

何がそんなにスゴいのか?

実はこの白い箱、

縦横のサイズがキムワイプと同じで適度な厚さ…。

そう、、、

ワイプボックスに進化します!

しかも窓があるので残量がわかりやすい。

しかも、

しかも、、、

スマホスタンドにもなります!

(多機能すぎるw)

コンパクトで持ち運びしやすいワイプボックスが欲しいレーサーも多いのではないでしょうか?

では作っていきましょう。

加工する

キムワイプの取り出し口となる部分をカットします。

こんな感じで印をつけました↓

それっぽい感じですが適当でOKですw

あとはドリルで穴あけ。

(リューターでもOK)

ミニ四駆の肉抜きと同じ感覚ですね。

ニッパーでカットして

デザインナイフとヤスリで整えます。

完成!

キムワイプの入れ方

箱の横から開封します。

そのまま崩さないようにボックスに入れて、

加工した隙間から先端を引っ張れば移し替え完了。

カスタム自由

お好みでステッカーを貼ったり、色を塗ったりすれば世界に一つだけのオリジナル「ワイプBOX」になります。

ステッカーを貼ったてもカッコいい( ´Д`)

100円で作れるオリジナルのワイプボックス。

オススメです( ´Д`)

おわり

スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!


    自作の治具
    スポンサーリンク
    サバ缶をフォローする

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました