3.「ATスラダンのガタをなくす」FMAのガチマシンを作る。

FMーA
※アフィリエイト広告を利用しています。

ども、サバ缶です!

純正のATスラダンを組んでみてあることに気づきました。

バンパーが前後にカタカタ動く…

「ガタ防止を忘れている(-.-;)」

ハイっ。作ります。

マーキング

組んだ状態でマジックで印をつけます。

カットする

印の形にカーボンの端材をカットします。

端材はおそらくリヤマルチだと思われます。

あとから2mmペラシャを入れるのでなるべく穴位置があっている方がいいですね。

隙間が空き過ぎるとガタの原因になるので、加工する時はけっこう気を使います。

はみ出す外側は接着後にカットします。

接着する

接着する前にネジで固定してみて、キツすぎないか・ガタがないかを確認します。

ネジ穴がない場合は瞬着を少しだけつけてチェックしてください。

位置が決まったら接着していきます。

カーボンの接着にはメタルロックをいつも使っていますが、

位置決めがシビアな場所では仮決めした状態から流し込めるWaveの3Gを使っています↓

流し込みました( ̄∀ ̄)

中空シャフトを入れる

2mmの中空ペラシャを入れることによって強度がアップします。

はみ出ている部分をカットして2mmのペラシャを差し込んで接着までしました。

ペラシャをカットして表面をキレイにヤスリがけして完成です。

ついでに。。。

直カーボンの端材もあるので真ん中にもガタ防止のプレートをつけたいと思います。

慎重に位置合わせしました。

幅を合わせて瞬着を流し込んで完成です。

完成!

接着剤が乾いたらバンパーを組んでみてガタや引っかかりがないか確認して異常がなければ完成です。

ボクは左側が少し引っかかりがあったので、ガタ防止を少し削って調整しました。

これで純正スラダンを使ったガチっぽいATスラダンの完成です。

「FMAガチマシンを作ろう」次回は4.「組み継ぎの提灯・ヒクオ」FMAガチマシンを作る。

おわり

スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします!


    FMーA改造
    スポンサーリンク
    サバ缶をフォローする

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました